「人から認められる」ことが最重要の時代かもしれない

専門学校で コミュニケーションを教え始めました

前回の投稿から1年がたってしまいました。

It takes about a year since my last blog post.. and the biggest change is I was become a communication teacher of special school.

その間の大きな変化としては、2016年4月より、専門学校でNLPベースの「コミュニケーション・トレーニング」という授業を年間で持ったことでしょうか。

14333765_1241854289198979_4844701576970194862_n

“「人から認められる」ことが最重要の時代かもしれない”の続きを読む

婚活なのに、私、うまく話せない・・・Hard to communicate with the person first time

初対面の人に緊張

(English abstracts is written at the bottom of this article)

先日、心理学トレーナーの方と話していました。

本来であれば、打ち解けて友人関係を作っていくはずの婚活などのシーンで、なぜか「不愛想」「つっけんどん」な態度になってしまって、うまくいかない人って意外と多いんだよな・・・

とのこと。

FullSizeRender 3

そしてこの写真のように周囲には誰もいなくなってしまう・・・笑
婚活だけでなく、各種懇親会、レクリエーションの場などなど、初対面の人と(本来ならリラックスして)会う時に緊張してしまう。
なぜこういうことになっちゃうのでしょう?
“婚活なのに、私、うまく話せない・・・Hard to communicate with the person first time”の続きを読む

話し方の「クセ」を盗め!

無くて七癖

人と話をしている時、ふと相手のクセに気づくことがあります。話し方、髪をかきあげる仕草、話始めるときの「儀式」など。

例えば、話し方であれば

  • 話の最初に「えー」と入れる
  • 「あるあるー」など相槌をよく入れる
  • 「でも」など否定形をよく最初に使う
  • 語尾に「感じる」と入れて和らげる
  • 「〜という形」「〜みたいな」で話をまとめる

仕草であれば、

  • 髪をかきあげる
  • 口元を触る
  • 手にペンを持って話す
  • 口元を締めてから自分の意見を言う

などなど。

IMG_1513

“話し方の「クセ」を盗め!”の続きを読む

これ重要!!会話の入り口と出口

あれ?話もってかれてない?

(English abstracts is written in bottom of this article)

セールスの場面でよくある光景です。

皆さんもあると思います。

なんか話の入り口はマイルドだったのに、強烈にクロージングに持ち込まれていて、「私買わなきゃならない?状態?」にもっていかれた経験。

もしくは

当たりをやわらかくするために、「ちょっと会いましょう」をきっかけに会って、なんか別の意図を後からだされてびっくりするような件。「うわー!勧誘だったのー!」的な驚きです。

IMG_1744
(写真と内容はあまり関係ありません 笑)
“これ重要!!会話の入り口と出口”の続きを読む

「人の心を動かす」話し方(その1)

ラポールの築きなおし

前回のBlogで、ある分野でトップ営業マンだった方が、かならずしも別分野ですぐに上手くいくとは限らないということを書きました。

人間関係が構築され、安心感の間柄である「ラポールが取れている」状態がとれるまでは、目的とする会話は難しいという内容でした。

そして、ラポールが取れているなーと思っていたら、自分の「どの部分」「どの会話」でラポールがとれているのかを注意深く観察することも重要です。

さて、新しい会話の内容に興味を持っていただき、相手の方の心を動かしていくにはどうしたらいいでしょうか?

前述の営業マン氏は、自分が過去に販売していた製品によって相手とラポールが築かれていたことに気付かないで、新しいビジネスや商材に関しても、以前の商材と同じように機能や優位性だけ話していたのでかみ合わなかったわけですが、そういう時はどのように話しを進めたらいいのでしょう?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

“「人の心を動かす」話し方(その1)”の続きを読む

元トップ営業マンが陥る人間関係のワナ(A “trap” of a top performer)

何とラポールが取れているのか

(The last of the sentence includes the English abstract)

「ラポール」という言葉はこのBlogにもよく出てきます。

NLPでは信頼関係のことをラポールと呼びます。
フランス語で「収益・利益」「関係」「報告書」という意味ですが、心理学では「親和関係」を表す言葉として使います。
(「手に取るようにNLPがわかる本」加藤聖龍)

元トップ営業マンの悩み

エネルギー関係企業で全国一にもなったトップ営業マンが独立されたのですが、どうも以前と勝手が違う、人々の反応や手応えが悪く、売上もあがらないと相談されました。

素晴らしい人柄で、人の心を鷲掴みにする達人がどうしてだろう?とお話を伺っているうちに「あっ!」と気づきました。

IMG_1613

“元トップ営業マンが陥る人間関係のワナ(A “trap” of a top performer)”の続きを読む

目の前の人の話が退屈だ!/反対意見だ!さぁどうする? (How to handle “boring” talk)

反対意見がぶつかる時

(The last of the sentence includes the English abstract)

話をしていてこんなことはないですか?

  • 目の前の方がひたすら話していて、私がしゃべる暇が無い
  • 目の前の話が退屈だ
  • 目の前の方の意見に反対だ

あるあるあるある!ですよね。
逆にこれが毎日だ!という方も
いらっしゃるかもしれません。

「おうむ返し」の効用

人間は自分と共通性のある人に安心感を覚えて、
心を開きます。

それをまるで鏡に映った相手のように行うのが
ミラーリング」という技術です
過去の記事にもあります。

“目の前の人の話が退屈だ!/反対意見だ!さぁどうする? (How to handle “boring” talk)”の続きを読む