別れた恋人のコロンは忘れられない?

面白い本を見つけました。

「売れる人の法則」伊東泰司著
クロスメディア・パブリッシングISBN-10: 4844374281

米国NLP協会認定トレーナーの筆者が、様々な脳科学の情報とともに、セールス対象のなる人との会話や、自分自身そして組織メンバーの行動力をアップする方法について書いています。

これが実に腑に落ちる内容で面白いです。脳の中の特に4つの部位の働きを考えながら目標を立てたり(立ててあげたり)、行動をおこしたり(行動させたり)すると効果的であるという章が特に我が意を得たりという部分でした。

扁桃体について

面白かったのは扁桃体の働きについて。

大脳辺縁系(海馬・扁桃体など)は、“情動脳”とも呼ばれ、感情を司る脳として知られています。つまり、匂いの情報を処理する場所と、感情を司る場所が同じ大脳辺縁系なので、「匂いによって記憶や感情が呼び覚まされる」というようなことが起こる
(http://matome.naver.jp/odai/2138634679466635801)

以前に娘とのLINEでもこんなやりとりがありました。

みのりと心理学

扁桃体はここにあります。

扁桃体 扁桃体の位置

「アロマの香りで落ち着く」というのも納得できますし、「香りを工夫して記憶力アップ!」みたいな形で、香りと様々な学習というのは今後一層盛んになるとおもいます。
そして記憶や情動に関して非常に扁桃体がキーを握っていること、ということに興味を惹かれました。

著者の伊東さんもおっしゃっているのですが、人が行動を動かすキーは「扁桃体をプルプルと震わせる」ことだそうです。これはどういうことかというと、頭で「理解」しているだけでは人間は行動しないということ。

五感で捉えた情報によって、出来事、これはすでに起きていることもこれから起こることもリアルに感じとって、そこに感情を乗せることが、明確な記憶を作り、「やる気スイッチ」である脳の他の部位に働きかける秘訣だとわかりました。

この内容は具体的に仕事に使っていこうとおもいます。

————————–

9/20の日曜の朝、ミ自分と相手の心を開くコミュニケーションを勉強してみませんか?
https://www.street-academy.com/myclass/5300

より日常にNLPを活用できる無料メルマガがおかげさまで大好評です!
「即!現場で使える!実践心理学コミュニケーション
—–

A Part of the brain named amygdala controls human’s smells, memories, and emotions.
That’s really important to one’s motivation to act.

投稿者: Toshihiko Kobayashi

20数年間、コンピュータソフトの世界で技術者やマーケティングをしていました。   独立後、「コミュニケーションもテクノロジーである」と米国NLP協会の認定トレーナー資格を取り、SNSなども含めた人間のコミュニケーションの改善に取り組んでいます。   誰でも取り組めるNLP(神経言語プログラミング/コミュニケーション心理学)を日常、そしてビジネスに役立てていただきたいと思っています。   このBlogでは、日々のコミュニケーションの中から、いろいろなトピックを抽出するとともに、本やセミナーなどの紹介をしていければと思っています。 I have been working in IT engineer area for more than 20 years, and found that "Communication" is also a technology for people.    I acquired NLP(Neuro Linguistic Programing) Trainer license in 2012, and improve everyone's communication.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中