講演者、スタッフ紹介

みずみずしい心背景

moeko.hayashi

 

林 炎子(はやし もえこ)

にこにこハート株式会社代表取締役。
日本高齢者アタッチメント協会代表。
認知症介護歴28年の看護師。
小学校5年生の時に両親が自宅を開放して幼児・障害児・障碍者・高齢者を預かる施設を始める。
そのため、子供の頃から認知症高齢者に関わり、介護を提供していた。
看護師として10年以上の病院勤務を経て、認知症に特化したデイサービスを開設。
そこで、家族や地域の抱える問題に直面。
28年間の認知症介護の知識を世の中に提供する必要性を痛感。
「どんより介護からハッピー介護へ」を理念とし、
「認知症介護は辛い」から
「認知症があっても楽しいことがある」を
伝えるためにセミナーを開催している。
http://ninchishouch.jp/profile/

 

 

riehonma

 

本間 りえ(ほんま りえ)

 

 

特定非営利活動法人ALDの未来を考える会理事長。
難病ALDの啓発・介護意識向上・医療従事者育成に貢献。

愛息「光太郎くん」の難病ALD発症を機に、初めての介護生活を経験したことがすべての始まり。患者、医療関係者、そして一般の人々の「共生」をテーマに全国の医療施設、大学医学部、セミナー等での講演多数。

2015年河出書房より「いのち、光る時」を上梓。

 

koichihagiwara

 

萩原 孝一(はぎわら こういち)

 

 

アフリカ協会特別研究員。
桜美林大学非常勤講師。
NLPプラクティショナー。

カリフォルニア州立大学院、ジョージタウン大学院修士課程。
1983年から、ケニアにJICA(国際協力機構)に中小企業育成のため勤務、その後国際連合工業開発機構(UNIDO)に工業開発官として採用される。

著書には
「スピリチュアル系国連職員吠える」
「人類史上初 宇宙平和への野望」
がある。

ウランさん笑顔

 

浦 登記(うら とき)

 

 

一般社団法人伝え方の学校校長兼理事長。
(株)オフィスウラ代表取締役。

人材ビジネス業界向け出版社の副社長を経て独立。NLP創始者リチャード・バンドラー博士に師事し公認トレーナーの認定を受ける。

2012年ビジネスのオスカーと言われる「スティービー賞ブロンズ」を3回連続受賞。
著書には
「一番やさしくNLP のことがわかる本」
「あきらめグセなおす45の処方箋」
がある。

 

toshihikokobayashi_prof(3)小林 敏彦(こばやし としひこ)

コミュニケーション・ビヨンド 代表。
元上場企業のコンピューター技術者時代に軽い「心の不調」になったのがきっかけで、コミュニケーションに興味を持つ。

元工学院大学非常勤講師(兼務)。2012年米国NLP協会認定トレーナー資格取得後NLPを企業研修やセールストレーニングなど、多方面に応用。

現在、個人/企業向けセミナーに加え、専門学校にて「コミュニケーション・トレーニング」授業を年間担当。